漢方で、胃腸の疲れを取る


こんにちは。少し涼しくなってきたおかげで、眠りやすくなったのは良いのですが、先日、つい寝すぎて大遅刻をしてしまいました。反省・・・。

日中はまだ暑さが残っていますが、夜など、寒いくらいの日もありますので、カゼなど引かないように気をつけてくださいね。

 

この時期は、気温変化などによる自律神経の乱れや、夏に冷たいものの摂り過ぎなどで、胃腸の働きが低下して、体のダルさや胃もたれ、下痢・軟便などの不調が出やすくなります。

 

■漢方で、胃腸の疲れを取る■

胃もたれや食欲不振などで体がだるい方には、胃を根本から丈夫にしていく作用のある「健胃顆粒」という漢方薬をよく使います。

食後すぐにお腹が張ってきたり、軟便や下痢しやすい方には、「健脾散」という漢方薬で、胃腸を元気にしていきます。

 

気になることがありましたら、いつでもご相談くださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ